ガングリオン 治療 痛い

痛いガングリオンの治療も一度で良くなるので早めの対処を

スポンサーリンク

関節などの部分をぶつけていないのに固いしこりができそして痛いことはないですか。
アザやコブではないそのような症状はガングリオンである可能性が高いです。
これは弾力性のあるゼリー状の液体の物質の詰まった腫瘤であり痛みがある場合と全くない場合があります。
良性の腫瘤なのでそのままにしておいても大丈夫ですが痛みを感じたり、生活に支障をきたす場所にできてしまった場合、大きくなった時は病院で治療をしたほうがよいでしょう。
ほとんどの場合は注射器でゼリー状の腫瘤を吸引して取り除きます。
ただし、粘膜質のため吸引はかなり痛みを感じます。
ですが一度の吸引で気になる症状から解放されるので早めの治療をお勧めします。
また、自然に治ってしまう事もあるそうなので痛みがない場合や気にならないときはとりあえず様子を見てもよいでしょう。
ほかの病気などの場合も考えて心配があるときは早めに病院で検査し、治療をしてもらったほうが安心できますね。

スポンサーリンク

一度の吸引で治ってもガングリオンはかなりの確率で再発します。
症状が出たら病院で吸引してもらうと、繰り返すことになります。
手術という形でガングリオンの袋を取り出す手術もありますが、麻酔や入院などお金も時間もかかるのでガングリオンの治療としてはあまり行われていないようです。
症状が出やすい方は面倒に感じますが病院での注射で吸引してもらうとの治療が安全でお勧めです。
痛い思いをしての粘液を注射で吸引することはあまり気持ちのいい対処法ではありませんが安全で素早く治る対処法としてはいちばんお勧めです。
元々ピンポン玉くらいの大きさになってから気づくことも多いので触って痛みを感じたり、大きくなってきて気になるようなら病院での処置をしてもらいましょう。
全くできない人も多いガングリオンですが、一度できてしまうと何故か頻繁にできやすくなります。
良性であってもあまりしこりがあることはいい気分ではないので痛みや大きさが気になったら一回に痛い注射を我慢すればよくなるので早めの治療で治してしまうとよいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加