足裏 しこり ガングリオン

もしかしたらあなたの足裏のしこり、ガングリオンかもしれません

スポンサーリンク

何となく足に違和感を覚えて、よく見てみたら足裏にしこりができていた、そんな経験はありませんか。
そのしこり、もしかしたらガングリオンかもしれません。
 ガングリオンとは、ゼリー状のものが詰まった良性の腫瘤のことを指します。
大きさは米粒ぐらいからピンポン玉ぐらいまでで、身体中の至る所にでき、痛みなどの症状は特に何もない場合が多いのです。
ただし、神経の側などにできてしまい、神経を圧迫すると痛みを生じることもあります。
足裏にできるのはまれですが、気がつかないうちにできてしまい、踏み続けることでしこり化してしまうのでしょう。
 ガングリオンのできる原因は、よく分かっていません。
男性よりも女性、ことに若い女性に多いことは知られていますが、なぜかという点に関しては不明です。
滑液を作る細胞に異常が生じて、粘液性の物質が溜まるようになる、と考えられています。
 足裏にできる鬱陶しいしこり状のガングリオン、命には別状ありませんが、不快な存在と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 ガングリオンができてしまった場合、特に痛みや生活上の支障がなければ、そのままにしておくことも多々あります。
身体には悪い影響を与えるものではないからです。
ただし、見た目に悪いことと、そのままにしておくと大きくなってしまう場合もあるので、やはり本人にとっては問題でしょう。
 治療法としては、注射器を使って、中のゼリー状の物質を取り除く方法が一般的です。
整形外科の他に、皮膚科や形成外科でも治療できますので、通いやすいクリニックで診てもらえばいいでしょう。
他にはレーザー照射して治す、という方法もあります。
これですと、何度か通う必要がありますが、再発する率は低めです。
また、あまりに再発をくり返したり、できている場所が問題であったりした場合には、外科手術で取り除くこともあります。
 ガングリオンは、特に悪さをするわけではなく、そのままにしておくと消えてしまう場合もあります。
足裏にしこりが、これは大変、と大騒ぎする前に、まずはじっくり様子を見てみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加