ガングリオン 痛み 緩和

ガングリオンの痛みを緩和する方法

スポンサーリンク

ガングリオンは、手や足の関節に水膨れのような腫瘍ができる症状です。
これにはほとんど痛みがないことが多いのですが、中にはそれを強く感じてしまう人もいるかもしれません。
これに関しては、そのガングリオン自体に原因がある訳でなく、神経が圧迫されることで起きてきます。
無数の神経が通っているため、圧力でそう感じてしまうからです。
これ自体の大きさに特に関係はないので、大きいからといって痛みが強くなる訳でもありません。
しかし、痛みがあることで日常生活に支障が出てきてしまうのならば、緩和していかなければいけません。
通常は病院に行く方が一番で、整形外科や皮膚科などでも診てもらえます。
ガングリオンの腫瘍を取り除くことで、神経の圧迫が解消されて痛みも緩和されてくるようになります。
腫瘍がよほど大きくない限りは、病院に行けばすぐに治療はできるのですが、病院に行けない場合には簡易的な方法で緩和できることもあります。
我慢ならないときに使えるので、緊急のときには役立ってくれるでしょう。

スポンサーリンク

この緩和できる方法には、まずなるべくガングリオンができている部分を動かしていかないことです。
主に関節部分にできるので、その部分を動かさないように安静にさせておくことで痛みを感じることもなくなります。
関節部分となると手や足となるので、日常生活で動かせないのは難しいことがほとんどです。
この場合は緊急なときと割り切って、翌日にでも病院へ行った方が安心です。
何とか工夫して、安静に保っていくのが無難となります。
次に、ガングリオンの部分を冷やしていく方法も緩和していくことができます。
神経を一時的に麻痺させていくことから、効果が出てきます。
冷却効果のあるものなら何でもよく、氷を包んだものや湿布などでも効果的です。
ただし、やはりこれも長くは効果が続かないので、病院で治療をしてもらうことを前提に、すぐさま行っていける対処法として受け止めておくことです。
一般的にガングリオンは放置してても問題はないのですが、痛みがあるなどの場合は、専門的に扱ってもらうことがおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加