ガングリオン おでこ

ガングリオンがおでこに出来る理由と対処法

スポンサーリンク

ガングリオンとは、関節部分を包む袋状になったものや腱などが変形してコブのような塊になったものです。
多くは手足に出来やすく、特に手首や膝、足首などの関節部分に出来やすい傾向にあります。
コブの中にはゼリーのようなどろっとした粘液が溜まっていて、良性の腫瘤の一つとして考えられています。
腫れると硬くなり出っ張って見えるので、骨が飛び出たように感じることもあると言われています。
一般的に、ガングリオンは女性に発症が多く、比較的若い年齢の女性でも出来ることがあると言われています。
また、通常は手足の関節部分に出来ることが多いですが、人によってはおでこや背中など手足以外で関節でもない部分に出来ることもあります。
原因は、遺伝やストレス、その人が持つ体質など様々あると言われますが、ガングリオンが出来る周辺の細胞に何らかの異常が起きることで粘液を作り出すようになり、それが溜まってコブのようになると考えられています。

スポンサーリンク

ガングリオンは人によって、柔らかいものと硬いものがあり大きさもまた違ってきます。
硬く大きさもある程度ある場合は、場所によっては神経を圧迫したり痛みや痺れなどの症状が出ることもあります。
おでこの場合は、見た目の問題もあり日常生活に支障が出る場合もあるため、早い段階で整形外科や形成外科を受診します。
おでこに出来た場合は、注射器で中の粘液を取り出すか、手術をして袋状になったものごと切開して取り出し除去する治療法があります。
切開するとなると大掛かりな手術になることが多いため、多くは注射器で中に溜まっている粘液を抜くことでコブをなくして対処します。
しかし、再発を防いで根本的に治療を行うには、手術のほうが良い場合もあります。
ガングリオンの大きさや状態などによっても選ぶ治療法はそれぞれ変わってくるため、どの治療法が自分の症状にふさわしいのかを事前にしっかりと相談してから実際に治療を受ける必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加