ガングリオン 自分でつぶす

ガングリオンを自分でつぶすということについて

スポンサーリンク

ガングリオンとは、手や足の関節のところに滑液が溜まってできるこぶ状のふくらみです。
滑液とは潤滑油のような役割を果たしている液体で、関節のまわりなどに存在していますが、外部から関節を圧迫するような要因があるとゼリー状になってポコッとしたふくらみができるのです。
病院に行けば、ガングリオンを注射器で吸い出してもらうなどの処置を受けることができます。
また、神経にさわらなければ痛みも出ないので、気にならない場合はそのままにしておいても差し支えはありません。
ただ、そうはいってもある程度以上の大きさになると気になるという人が多く、そうした人はときにガングリオンを自分でつぶすということもあるようです。
ただし自分でつぶす場合には、そのふくらみがガングリオンであることを確認することが前提となります。
そのためには、治療は別としてもまず整形外科などに行き、ガングリオンであるかどうかを確かめてもらうのがよいでしょう。

スポンサーリンク

整形外科で診断を受けてガングリオンであることが判明した場合、医師から治療を打診されることもあれば、しばらく様子を見ましょうといわれることもあります。
注射器で吸い出したり、手術で取り出したりするのは気が進まないという人には、とりあえずそのまま帰宅して自分でつぶすことを検討してみるという選択肢があります。
また、中身はもともと滑液という液体なので、時間の経過とともに吸収されてなくなるということもあります。
それを待つというのもひとつの手です。
しかし毎日目に入るのが気になって仕方ないという人ももちろんたくさんいます。
そのような場合、自分でつぶす前にまずふくらみをしっかりもみほぐすことが大切です。
そうすることでゼリー状になった滑液が物理的刺激によって柔らかくなりやすい状態になるのです。
そのうえで固いもので思いきり叩くなどしてつぶしますが、もみほぐしているうちにだんだん小さくなることもあります。
ですから、本当につぶすかどうかは人それぞれの選択となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加