ガングリオン 足の甲 痛い

痛い足の甲のガングリオンを、どのように対処するか考える

スポンサーリンク

ガングリオンをご存知でしょうか。
手足の関節、手足の甲、アキレス腱や肘、膝付近にできる腫瘤です。
気が付かない程の小さなものから、ポコッと膨れ上がって、ピンポン玉が皮膚の下に入っているかの様相と呈することもあります。
大きくなって神経を圧迫するようになると、痛いと感じることもあります。
たいていの場合、ガングリオンは良性です。
そのメカニズムははっきりとは解明されていませんが、悪性に変異することもないと言われています。
若い女性の発症率が比較的高いですが、子供でも老人でも発症の可能性はあります。
発症の原因も、同じ動作を繰り返すことによる関節の使い過ぎや、ストレスによる血行不良などと言われることもありますが、これもまた、はっきりしたことはわかっていません。
ガングリオンは一度発症すると、完治したように見えても、再び発症することもありますので、上手に付き合っていくことが必要となります。
特に足の甲にできてしまった場合、手などと違い、靴を履きますので痛いと感じることが多いかもしれません。
この後、痛い足の甲のガングリオンについて考えます。

スポンサーリンク

ガングリオンの中身は、ゼリー状の液体です。
症状が進むと、固くなることもあり、軟骨が出てきたと勘違いする人も少なくないようです。
先に述べたように、足の甲に発症した場合、正座をして体重が掛かったり、靴を履いて圧迫されるので、違和感を持ちやすく、また、痛みを伴う場合は、生活に支障をきたすこともあるかもしれません。
放っておけば、そのまま身体に吸収されてなくなってしまうことも多いので、気にならない場合は様子を見ても良いでしょう。
すぐに解消したい場合は、病院に行くことをお勧めします。
多くは、注射器により、中の液体を吸い出す方法です。
手軽で安価ですが、再発の可能性が高いと言われています。
固くなっていると吸い出すことができませんので、切開をすることもあります。
こちらは高額の治療で、尚且つ、傷跡が残ります。
また、レーザーを当てて、徐々に瘤を小さくする方法もあります。
比較的安価で、痛みもないので、おすすめの治療法と言えます。
それぞれのメリット、デメリットを考慮して、最良の方法でガングリオンの対処をしたいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加