指 しこり ガングリオン

指のしこりはガングリオンの可能性があります

スポンサーリンク

からだの一部が腫れてくるなどの症状があると、見た目に気付き易くなり、症状が気になる事もあります。
 指にしこりなどができた場合には、ガングリオンの可能性があります。
できてしまう箇所は、他にも様々な部分にでき、関節付近で発生するなどがよくあります。
関節部分には、関節が上手く動ける様に、滑液を作る作用があります。
その際、何らかの異常で粘液が作られてしまい、それが関節を包んでいる袋に溜まる事で、肌表面に袋状に膨らんだ状態となります。
 指にも関節はありますので、しこり状となったガングリオンができる事があります。
必ずしも指を酷使する人に多くできるという訳ではなく、様々な人に症状が出る事があります。
触ると、グリグリとした感じがありますが、中身はゼリー状になっていて、色は黄色くなっているのが特徴でもあります。
人のからだに必要な成分なども含まれていますので、特定の成分の黄色っぽさが出ています。
対処方法については、人によって、あるいは病院の医師の判断によっても違いがあります。

スポンサーリンク

 指にしこりの様なものができて、見た目、あるいは動かす時にも気になるという場合、ガングリオンであれば、治療をする事ができます。
放っておいても、液状のものなので、やがて散らばっていき、元の見た目になる場合が多くあります。
できた箇所によっては、痛みを伴わないケースも多いため、そのまま放置していて、元の状態に戻ったという人も見られます。
唯、素人判断でガングリオンであるかどうかは、判断がつき難い状態です。
できれば整形外科などの病院を受診する事で、判断を仰ぐ事も可能となります。
 病院では、注射器で中の黄色い液状のものを吸い出すなどの方法も実施されます。
その場で行ってくれる事もありますが、再発する可能性は残ります。
他には、メスで切開して、中のものを取り出す方法がありますが、メスを使用しますので、傷口ができるという事になります。
その点では、複数回の治療が必要になる事もありますが、レーザー治療であれば、傷跡は残り難いという方法でもあります。
選択肢には、薬で散らすという方法もありますので、病院を受診して、医師と相談しながら対処する事ができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加