ガングリオン 注射後

ガングリオンと注射後について

スポンサーリンク

ガングリオンという言葉を耳にしたことがある人がいます。
ガングリオンとは、手首などの関節の近くに急に現れるしこりのことになります。
軟骨や腫瘍と間違えられやすくなっていますが、実際には良性の腫瘍ということでそれほど心配する必要はありません。
具体的にはどのような状態になっているのかというと、軟らかいということもあれば硬いこともあります。
大きさも米粒のように小さなものもあれば、ピンポン球のように大きなものもあります。
ガングリオンというのは、ゼリー状の液体の塊となっています。
関節液や腱と腱鞘の潤滑油となっている骨液が、濃縮して蓄積したものであると考えられています。
どのような人に発症しやすくなっているのかというと、若い人に多くなっています。
発症率を見たときには、男性の約3倍程度と非常に高くなっています。
20歳から50歳の人に発症することが多くなっています。
これは悪性のものではないので、基本的に痛みがありません。

スポンサーリンク

とくに治療をしなければいけないということはなく、放っておくと自然消滅することが多くなっています。
体に現れたからといって、慌てることはありません。
なぜこのようなしこりができてしまうのかというと、考えられる原因としては体の動かしすぎがあります。
このほかに何かにぶつけた衝撃によって発生することがあります。
ストレスが関係しているとも考えられています。
しかし体のどこにでもできるということではなく、基本的に手にできることが多くなっています。
治療方法としては自然消滅をするので放っておいても大丈夫ですが、神経を圧迫して痛みを伴うものに関しては治療が行われています。
その中で注射をするという方法があります。
注射後は中の内容物が吸い取られるので症状を改善させることができます。
注射後には不快感をなくすために、炎症を抑制する副腎皮質ホルモンを注入することもあります。
注射後に包帯などで圧迫をすると、再発を防ぐことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加