ガングリオン 治らない

ガングリオンが治らない場合

スポンサーリンク

ゼリー状の液体が溜まっていくことで、コブのように膨らんでしまう症状はガングリオンの可能性が高いでしょう。
欧米では聖書ダコともよばれています。
良性の腫瘍なので命に関わる病気ではないのです。
ガングリオンは、指、足、手の甲、膝、足首、耳の裏に発症する事が多いでしょう。
稀に骨、神経、筋肉にもできることがあるのです。
ガングリオンは若い女性に多く発症する病気で、特に20代〜50代の人に多く中年男性と比べると2〜3倍の確率で発症していることが分かっています。
ガングリオンの発症原因は未だに解明されていないのですが、関節の使いすぎが関係してるとも言われているのです。
関節を動かすことによって、靭帯周辺の細胞が刺激され関節液や滑液が蓄積されゼリー状に溜まってしまうことがあるのです。
またストレスを溜めすぎていることも原因の一つと考えられているのです。
緊張状態が続くと、血管が収縮して血行が悪くなります。
老廃物が排出されなくなり、ガングリオンとして現れるようになるのです。

スポンサーリンク

ガングリオンは、軟らかいものから硬いものまであるのが特徴です。
突然発症することもあれば、徐々に進行する場合もあるのです。
大きさも人それぞれで、数ミリ程度のものからピンポン球位の大きさになることもあるでしょう。
通常は無症状で痛みを感じることはありませんが、神経の傍にできてしまうと痺れや痛みや運動麻痺を起こすこともあるのです。
手を使いすぎていると、腫瘍はどんどん大きくなることもあるので気をつけましょう。
治らないのではないかと心配になる人も多いのですが、基本は放置していても自然消滅するので問題ないのです。
しかしなかなか治らない場合や大きくなっている場合は、病院で診てもらうといいでしょう。
整形外科や皮膚科の受診がおすすめです。
穿刺治療は、腫瘍を注射針で刺してゼリー状の内容物を吸い取る手術方法なのです。
費用も安くすぐに行える治療法として人気となっています。
しかし何度も繰り返すことで、運動障害や感覚障害を引き起こす場合もあるので注意が必要なのです。
治らないからといって、自分で潰してしまう行為は危険なので控えましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加