ガングリオン 原因 ストレス

ガングリオンの原因はストレスなのか

スポンサーリンク

なかなか聞きなれない病気のガングリオン、どういった病気か知らない人も多いと思います。
ガングリオンとは手や手首などにぐりぐりとした腫瘤ができる病気を言います。
大きさは米粒大からピンポン玉くらいの大きさと様々で、柔らかかったり固かったりとします。
基本的には若い女性が発症することが多い病気です。
この病気は無症状のものもありますが、大きくなったり場所によってはしびれや痛み、運動麻痺などの症状も見られます。
手を使いすぎることで腫瘤が大きくなるケースもみられます。
基本的に痛みがない無症状であれば放置していても問題ありません。
しかしながら神経が圧迫されて痛みが出る場合は治療をしなければなりません。
治療は基本的にコブの中を吸引したり押しだりして治療します。
この際は痛みが激しいので我慢しなければなりません。
またそれでも治らないようであれば手術を行います。
手術を行っても完治しないケースもあるので医師の指導に従い治療することが望ましいです。

スポンサーリンク

ではこのガングリオンの原因はどういったことが考えられるのでしょうか。
実際のところはっきりとした原因はわかっていません。
若い女性に多く、男性の3倍ほどかかりやすいという事実だけはわかっています。
しかしながらストレスとの関係性に着目している例もあります。
これは原因がストレスということではなく、ストレスによってガングリオンが悪影響を及ぼすと言われているからです。
直接的な因果関係は何度も言うように不明ですが、ストレスが様々な病気を引き起こす要因になっているのは事実であり、もしかしたらまだわかっていないだけでそれが原因というのはあながち間違っていない可能性はあります。
ストレスは性格や環境など様々な要因で起きます。
ため込むことは病気になることもあり、うまく発散させることが重要です。
生活改善や日常的な運動を行うことでストレスを溜めにくい体にすることは病気を予防するためにも必要になります。
気休め程度なことですが、ガングリオンは良性なので放置しておいても大丈夫です。
あまり神経質にならないよう心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加